ノイズ対策製品、サージ対策製品、表示・照明製品やセンサ製品で躍進する岡谷電機産業です。

社員の声

TOP > 採用情報 > 社員の声

吉田 朋加

営業本部

入社年:
2015年
所属:
外勤営業
吉田 朋加

Q.現在の仕事内容を教えてください

現在私は主に、産業機器メーカーのお客様を担当し、さまざまな電子部品を提案しています。ルートセールスなので定期的に既存顧客を訪問し、当社の製品がきちんと作動しているか確認することが主な仕事になりますが、新たな分野での導入の機会がないか探し、新規開拓なども行っています。先方に訪問する際には、提案できそうな製品がないか、次はどんな製品が求められるのか常に考えて準備をしています。

吉田 朋加

Q.岡谷電機産業を選んだ理由は?

当社のことを調べてもらえるとわかる通り、私たちの製品が皆さんの生活を支えていると言っても過言ではありません。私も会社説明会に参加した際に、日本だけではなく海外でも必要とされる製品を提供しており、決して目立つことはないけれど、縁の下の力持ちのような企業で社会を支えているところに魅力を感じました。

実際に入社してみると、社会に貢献していることに誇りを感じている社員が多いです。また、年齢は関係なく積極的に挑戦しようとする人には、さまざまな仕事を任せてもらえる環境があるように感じています。

Q.仕事でやりがいを感じるときは?

営業という仕事は自分を信頼してもらうこと、その信頼を得られる人間力が求められます。常に「お客様の期待に応えていきたい」この思いで仕事に取り組んでいて、お客様の求めるものを提案し続け、岡谷電機産業の製品を選んでもらえるように工夫を凝らしています。

お客様に依頼された資料や製品を自分の力で早く用意することができて、「ありがとう吉田さん!」と言ってもらえたとき、大きなやりがいを感じます。

吉田 朋加

Q.求職者へ一言メッセージ

電子部品業界は理系出身の方々が多いですが、当社の営業社員の大半は文系出身です。私も文系出身ですが、わからないところは周りの先輩たちに何度も質問し、知識を得ようと努力しました。今では自信を持ってお客様に提案できるようになりました。皆さんも自分が今までやったことのないことに挑戦するとき、多くの困難なことがあるかと思いますが、周りの先輩たちの協力と自分の絶え間ない努力によって、その困難を超えることができます。自分の可能性を信じてさまざまなことに突き進んでほしいと思います。

木立 昌宏

管理本部

入社年:
2015年
所属:
経理部
立木 昌宏

Q.現在の仕事内容を教えてください

会社の資金を管理することが主な仕事です。常に数字を追いながら、会社の動向を見ることができ、会社が発展するために日々どこでどんな支出があるのか、どういった製品が売れているのか確認しています。それから、上場会社なので年に4回の決算があり、その内容を公開しなければなりません。決算業務も重要な仕事です。

立木 昌宏

Q.岡谷電機産業を選んだ理由は?

就職活動をしていくなかで、メーカーは「ものづくり」すなわち、なかったものを作り出すことによって世の中に影響を与えていることに魅力を感じました。機械化が急速に進むこの時代に、変わらず使われ続けるもので世の中に貢献していくことが自分のやりがいになると思い、岡谷電機産業を志望しました。

Q.仕事でやりがいを感じるときは?

私の重要な仕事である「資金管理」を間違うようなことがあれば経営にも影響が出てきてしまうので、毎日緊張して業務に取り組まなければなりません。数字を扱う仕事をすると、常に責任感が養われます。この仕事を滞りなく成し遂げることができたとき、とてもやりがいを感じ、またひとつ人間的にも成長できたように感じます。

立木 昌宏

Q.求職者へ一言メッセージ

就職活動をするなかで様々な企業に出会います。私も多くの企業を回りました。内定をいただいた会社もありましたが、何度も自分を見つめ直した結果、岡谷電機産業を選びました。経済学部出身ということもあり、経理の仕事は興味があったのですが、実際に就いてみるとわからないことが多く、勉強の毎日です。そんななか、私が大事にしていることはまず、実践してみることです。日々学び、日々挑戦する。皆さんにもこの精神を持って働いてほしいと思います。皆さんの入社を楽しみに待っています。